History of HYMER
HYMERの歴史

1957年、Bad waldseeで
経験ある航空機エンジニア・Erich Bachemと
若きエンジニア・Erwin Hymerが
最初のキャラバン「Ur-Troll」を製作。
そこからHYMERの歴史が始まりました。

1957年

Bad Waldsee(バートヴァルドゼー:ドイツの街)でErich BachemとErwin Hymerが作り上げたUr-Troll。ポップアップルーフを備えたERIBA Touring -エリバ・ツーリング-の誕生で、その後カタログモデルとなっていく。

1960年

ERIBA Touringにシリーズモデルが揃う。Faun, Troll, Pan, Familia, Triton, Titan。Familia,Triton,Trollは現在に続く。

1961年

初のモーターホームでポップアップルーフ機構を持つ「Caravano」をハンドメイドで作り上げる。

1966年

「ERIBA Nova」完成。

1971年

キャラバンサロン1971でMercedes-Benzベースのインテグラルモデル「Hymermobil」を初公開。

1976年

プルダウンベッドを搭載した「Hymermobil521」発表。ベストセラーとなる。

1978年

HYMERの特長の一つである、軽量・断熱構造壁「PUAL」を開発。PUALとは、PU(ポリウレタン)とAl(アルミニウム)。

1980年

ERIBA-HYMER社設立。

1981年

「HYMER B-Klasse」発表。翌年、ヨーロッパで最も人気のあるモーターホームとなる。

1982年

フォード・トランジットをベースにした「HYMERCAR1」発表。

1983年

トランスポーターからの岐路となる「Eribacar」発表。ツーリングシリーズのキャンパー部を持つセミインテグラルモデルでルノー・トラフィックがベース。

1985年

フィアット・デュカトをベースに、トイレルームを備えた「HYMERCAR2」を発表。

1995年

業界初のISO9001認証を得る。新型「S-Klasse」発表。累計生産台数が50,000台に達する。

2004年

累計生産台数100,000台。

2007年

50周年を迎える。

2008年

「HYMERCAR」をリニューアル。

2011年

Erwin Hymer Museum完成。Erwinは2013年4月に逝去する。

2012年

「ERIBA Exciting」発表。

2014年

「ERIBA Nova」がEuropean Innovation Awardを受賞する。累計生産台数150,000台に達する。

2015年

Mercedes-Benzベースの新しいインテグラルモデル「ML-I」発表。

2016年

HYMERCARコンセプトモデルがEuropean Innovation Awardを受賞。

2017年

60周年を迎える。